Cassina ixc.

LC2

最小の構成で最大の快適性を実現することを目的としてデザインされたソファ、通称“グランコンフォール”。スチールパイプのフレームに背、座、アームのクッションを落とし込んでいく簡単な構造ながら、未だにデザイン、快適性の両面でこのソファを超える製品はないといわれる名作です。また、家具の歴史上、いわゆるコピー商品が最も多く出回っている商品でもあります。ル・コルビュジエは存命中であった1964年、かつてサロン・ドートンヌにシャルロット・ペリアン達と出展した一連の家具の復刻をカッシーナ社に許可し、ペリアンには、デザインされた1928年当時の技術・素材では不可能だった点の改善もペリアンに依頼しました。

商品詳細はこちら

LC 2010

“ オーセンティック・カラー” をテーマに刺激的な色使いや素材、新たな解釈と装いで登場したLCシリーズの最新バージョンです。「カッシーナ・イ・マエストリコレクション」の中核をなすル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンがデザインしたLCシリーズの“ 色・フォルム・素材” の3要素に光をあて、現代合理主義の提唱者であった彼らの革新性を再発見し、新たな改良やディテールの追加がなされています。これらの改良はル・コルビュジエ財団とカッシーナ社との緊密な連携のもと、デザイナーのオリジナル資料や図面の分析を通して行なわれ、その結果これまで以上に鮮やかで現代的な作品が完成しました。
“オーセンティック”(本物・真正なる価値)な色の追求は、ル・コルビュジエがピュリズム(白の美学)の対極に据えたポリクロミー(色彩の多様性)の思想に裏打ちされています。

LC2モデルのクッションは、ポリエステルパッディングとフェザーパッティングのいずれかより、またLCシリーズ専用の上質で柔らかな触り心地の革もお選びいただけます。歴史上もっとも美しいソファと言われているLCシリーズはこれらの改良により五感に訴えかけ、豊かに生活を彩る新しい表情を伴う製品となっています。

商品詳細はこちら

Identifying Marks and Production Numbers

すべての「カッシーナ イ・マエストリコレクション」には、カッシーナの刻印(製造番号、デザイナーの署名、および“カッシーナ イ・マエストリ” ロゴ) が本物の証として刻まれていますが、2010年よりLC2、LC3、およびLC4製品に限り金属フレームのベース側面にカッシーナの署名が追加されています。 この刻印並びに署名は、カッシーナがル・コルビュジエの家具を復刻させ、世界で独占的に販売する権利を有する唯一の会社であることを示すものです。

詳細はこちら

TOPへ戻る